ニートの意味

Not in Employment, Education or Training

労働方針の人口の分類としてのニート(NEET)と、
英国政府がそれと定義されているのは、
「現在ではなく(Not) 、Employment、EducationまたはTrainingに従事していない人」。省略語です。

また、日本の理由が「教育も受けることなく、働くことなく、職業訓練をしない」。

しかしながら、この理由は、
日本でのニートの定義と異なると思いませんか。

また、

 仕事、教育を受けていない、またはトレーニングをしていない。

「就職活動をしていない15-34才の独身者、
教育機関に属せず(失業者とまた別の分類)」

英国での意味です。

なお厚生労働省の定義では、

「労働者・失業者・主婦・学生は除く」です。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。